カラリエ アイリスオーヤマの衣類乾燥機の口コミや評判が知りたい

この時期洗濯物がなかなか乾かないんですよね。昼間外に干しても乾かないから、結局夜も部屋干しして翌朝なんだか湿っているのか冷たくなっているのかわからないまま片付けるということはありませんか?

また、学校や幼稚園指定の服があると、一枚しかもっていないので洗って次の日にすぐにもっていかせないといけないとなると夜の間に乾くかどうか不安なんです・・・(我が家の場合は特に幼稚園指定のスモックが問題・・)

どうしてもというときは、アイロンをかけて多少乾きやすくして干したりしています。
そんなに乾きにくい生地でもないから何とかなると言えばそうなんですけど。

そんなときあると便利なのがカラリエの衣類乾燥機。本格的な衣類乾燥機は電気代もかかるし、場所もとるのでいらないのですが、カラリエの衣類乾燥機のような持ち運べるサーキュレーターっぽい乾燥機は使い勝手が良さそうです。

でも大きい衣類乾燥機と違って、部屋全体を暖かい風を回すだけの乾燥機。これって効果はどうなんでしょう?

ということでアイリスオーヤマの衣類乾燥機カラリエの口コミを調べてみました。

 

 

カラリエ 衣類乾燥機 口コミ

洗濯物を乾かすのを補助するマシーンとしてなら〇

部屋干しの時間は確かに短縮になりました。

2畳ほどの洗面所でぎっしり衣類をつるして干します。以前はジメッとしていましたが、カラリエを付けておくと翌朝全然違います。カラッと乾いています。

今までは除湿器だけで部屋干しをしていましたが、カラリエを追加することでよりしっかり乾くようになりました。

脱水後の洗濯物を一から乾かそうを思うと大変ですが、ある程度乾いた洗濯物をしっかり乾かすのにはとても役立ちます

部屋干しを効率的に行いたい方には最適です。

本格的な洗濯乾燥機を期待するとハズレと感じるでしょう。

寒い季節は、外干しで冷たくなってしまった洗濯物に、少しカラリエを使って温めてからしまっています。

洗濯乾燥機だとしっかり乾かしてくれますが、一度に乾かせる量が限られますし、電気代もかかります。カラリエは風があたるように干し方に工夫をすれば好きなだけ干すことができます。濡れている洗濯物を一から完全に乾かすとなると時間もかかるし大変ですが、補助的に使うことを目的にするならとても便利な道具です。

温風が暖かくないなら扇風機と一緒!?

温風が暖かくないため、これなら扇風機と変わらないのでは。

扇風機と同じような感じですが、年中扇風機を出しっぱなしにするのはいやなので、そこがいいかな。

扇風機を使うとカラッと乾かないので、温風を当てられるカラリエは便利です。

温風は熱くありませんが、生地が痛む心配がいらないのがいいですね。

温風は確かに温かくないけれど、温風ありとなしで比べると断然温風で乾かした方が乾きが早いです。ですがその分音は大きいです。

ドライヤーのような感じかな?と思って使いましたが、風はそれほど強くありません。洗濯物はしっかり乾きました。

音はうるさい?

温風を出す布団乾燥機のような音が鳴るので、寝室で寝ながら乾かすのには向いていません。

部屋干しに効果大ですが、音は大きいです。静音にすると乾きはいまいちになります。

静音にすると音が気にならないのでサーキュレーターとしてとても便利です。

衣類乾燥機以外の使い方もできる♪

持ち運びしやすいのと風の調節がしやすいので、サーキュレーターとしても使えて便利です。

洗濯物以外にも押し入れやクローゼット、浴室の乾燥などにも使えて便利です。

そのほかにもこんな口コミが

コンパクトで持ち運びしやすい

全体のデザインが良い感じ。

シンプルなデザインで説明書を見なくても使えました。

扇風機でも良いかなぁと思いましたが、扇風機だと低い位置から高い位置へ風を流せないですし、小さい扇風機だとパワー不足なので、カラリエはサイズやパワーがちょうどいい感じです。

サーキュレーター式なので、風が遠くまで届きます。

旧型のIK-300も持っていますが、パワーはこちらの方が断然よくなりました。

カラリエ 衣類乾燥機 IK-C500 KIK-C510

洗濯物の乾かす時間が3分の1短縮

冬場や、雨の日の洗濯はなかなか乾きませんね。朝干して夕方になってもジメジメしてる・・・

濡れた衣類を長時間、干しておくと洗濯物の臭いが気になります。できれば短時間で乾かしたい!

カラリエ衣類乾燥機なら自然に干すより3分の1で乾きます。

ただ、洗濯乾燥機や浴室乾燥機ほどパワーがないので、そこまでしっかりじっくりは乾かないみたいですが、それでもok。

我が家の場合、雨の日や冬場は洗濯機の風乾燥モードを使います。これであらかたの水分をとって干すので、カラリエがあればけっこう乾くと思います。

衣類乾燥以外の使い方もできる

カラリエ衣類乾燥機は洗濯物を乾かす以外にも、サーキュレーターとしても使えます。

冬場は暖房、夏場は冷房を入れますが、部屋の中でも効きが良いところと悪いところがありますよね。

サーキュレーターがあればまんべんなく部屋中を暖かくしたり涼しくしたりできますね。

カラリエなら送風モードがあるのでサーキュレーターとしても使えますよ。

夏場は扇風機とクーラーの併用が可能ですが、冬場はエアコンと扇風機?扇風機でも良いのですが、何となく季節外れな感じもしますし、あと、低い位置からの空気の循環はカラリエの方が良さそうです。

扇風機は高さがありますからね。サーキュレーターを買うまでは・・・と思っている方も衣類乾燥についているなら便利そう。

また、カラリエの衣類乾燥機の良いところはコンパクトで持ち運びが便利♪ということ

持ち運びができるので、下駄箱やクローゼットなどの乾燥にも良いですね。ジメジメした季節や、結露しやすい時期はカビ対策にも送風モードでしっかり乾燥させてあげましょう。

電気代の負担が少ない

洗濯乾燥機や浴室乾燥機は電気代がかかる!ということで我が家は使いません。浴室乾燥機は臭いも苦手(;´Д`)

カラリエの衣類乾燥機はカラッと乾かすことを期待すると期待ハズレになるという口コミもありましたが、外干ししたあと補助的に使うにはとっても良さそう。

電気代も販売サイトでは約28円ということでした。地域や洗濯物の量、気温などで変わるでしょうが、28円なら1か月毎日使っても840円ほど。

まあ毎日使うことはないでしょうけど。そのぐらいなら許容範囲かな。

冬場の冷たい、湿っているのか冷たくなっているだけなのかよくわからない洗濯物を畳んで仕舞うことを考えればそんなに高く感じません。

衣類乾燥機 カラリエ

カラリエの衣類乾燥機、IK-C500(KIK-C510)はまだ最近発売されたばかりです。旧型はIK-C300。

↓ ↓ ↓

こちらの方が旧型なのですが、価格はこちらの方が安いです。パワーは新しいほうが良くなっているそうですが、結構値段に差があるので悩ましいですね。

サーキュレーターとしても使いたいなら新型の方が見た目もシンプルで起きやすそうです。

おわりに

我が家は部屋干しをすることが多いためカラリエの衣類乾燥機がとても気になっているんですよね。

これなら1、2枚の洗濯物でも使いやすいですし。子どもが急に洗濯ものを言ってきても安心ですからね。あとサーキュレーター機能も付いていてお得感があります♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする