ディアターンプラスアップリカはベッド型チャイルドシートで新生児にいいね

退院時、病院から自宅までの移動でもチャイルドシートは必須です。だけど未熟な赤ちゃんをチャイルドシートに1人で乗せるのってなんだか心配になりますね。

アップリカのディアターンプラスならベッド型になるチャイルドシートなので、新生児の赤ちゃんの首や頭を安定した状態で寝かせられるので安心です。

ということでチャイルドシートで人気のアップリカディアターンプラスのおすすめポイントや口コミ情報を紹介します

チャイルドシート 人気 新生児から

現在人気のチャイルドシートはコチラ

 ↓ ↓ ↓ ↓

★ check ★ チャイルドシート 人気順ランキング【楽天】

チャイルドシートは値段に差がありますし、いろんな会社から出ていますので迷ってしまいますよね。

まずは情報収集から。ネットなどでどんな商品があるのか、そしてベビー用品店などで実際に触ってみてからじっくり決めるのが良いでしょう。

またレンタルするということも出来ますので、産後大変な時期に手続きが大変ですが、パパの協力が期待できそうなら、レンタルするという方法も検討してみても良いでしょう。

ディアターン プラス Aprica チャイルドシート

ベッド型になるチャイルドシート

ディアターンプラスの一番のポイントはベッド型になる所。安全性が一番高いのは後ろ向きのチャイルドシートだと言われていますが、そうは言っても後ろ向きタイプのチャイルドシートに乗せると泣いちゃう赤ちゃんが多いと思います。

その点ディアターンプラスは寝かせた状態のまま乗せられるのはとっても( ・∀・)イイ!!

それに赤ちゃんと運転手しか乗っていない場合、後ろ向きのチャイルドシートだと赤ちゃんの様子が全く分からなくなるんですよね。

横向きに寝かせていれば、時々赤ちゃんの様子を見ることもできるので安心感も違いますね。

全身やわらかクッション

頭から足まで搭載されているやわらかクッションで赤ちゃんを優しく守ってくれます

片手で操作ができる

回転操作、リクライニング操作とも片手でできるようになっているので、赤ちゃんの乗せ降ろしも楽ちんです

他にも良いとこたくさん

生まれたばかりの新生児時代はベッド型で
首が座った頃から1歳ぐらいまでは後ろ向きに使ったり、ねんねのときには
リクライニングでベッド型に
大きくなったら4歳頃までは前向きのイスとして利用できます

色はシルバーとブラックの2色

ディアターン プラス チャイルドシート 口コミ

・子どももすやすや寝ています
・後ろ向きに乗せるタイプだと運転中赤ちゃんの顔が見えなくて心配になるので、ベッド型は嬉しいです
・このチャイルドシートだと赤ちゃんがすぐに寝てくれます
・おむつ替えもフラットシートのまま変えられるの便利です。
・フラット型だと赤ちゃんが快適なのかぐっすり寝てくれます
・取り付け方の説明DVDが付いているので分かりやすいです
・店頭で買うより安く買えて嬉しいです
・重たいので1人で取り付けるのは少し大変でした
・回転式だと乗せ降ろしが楽だと思い購入しましたが、背が小さい人は乗せるのが大変かもしれません
・違うメーカーのチャイルドシートを使っていたのですが、角度がきつく赤ちゃんが大泣きするおで買い直ししました。赤ちゃんにはベッドになるタイプの方が使いやすいですね
・5人乗りの車だと、後ろは大人1人しか乗れなくなります
・クッション性がとても高くて赤ちゃんの快適性と安全性が高い気がします
・2台以上車を持っていて付け替えて使う人には不向きだと思います。
・片手での回転がスムーズにできます
・2時間ぐらいの移動なら赤ちゃんも大人しく眠っていてくれます
・シートベルトが短めなので、大きくなってからも使えるのか心配です

ディアターンプラスの最大のメリットは赤ちゃんを寝かせられるチャイルドシートだと言う点ですね。チャイルドシートを選ぶ第一条件が寝かせられるタイプという方は概ね満足されているようです

ですが、車を2台以上持っていて日によって付け替えて使おうと思っていた方などにはディアターンプラスは重たいのと、取り付けに手間がかかるようで、重さや取り付けやすさの店で不満だという方もいらっしゃいました。

おわりに

寝かせた状態で乗せられるチャイルドシートはすごく良さそう♪私が使っていた時はこんな商品がなかったので羨ましいです。

チャイルドシートを嫌がって泣いた赤ちゃんを乗せて運転するのって大変ですしね。赤ちゃんもママも笑顔でドライブできればとっても良いですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする