クッキングトイの売れ筋人気は?夏休みの過ごし方はこれで決まり!

1ヶ月も続くと最初は喜んでいた夏休みもお盆明けにはダラダラ、うだうだ。
見ているだけで不快です(+_+)

そんな時にクッキングトイを使って遊んであげれば子供の眼の色も変わります。少し片付けなどが面倒であっても、楽しそうに遊んでくれる姿を見ている方が、ダラダラゴロゴロしている子供を見るよりより良いですよね~。

そこで今人気のクッキングトイを紹介します。

クッキングトイ 人気 ランキング おすすめ

現在人気のクッキングトイはどんなのかな?

 ↓ ↓ ↓ ↓

★ check ★ クッキングトイ クチコミの多い順ランキング【楽天】

やっぱり人気なのは綿菓子とポップコーン。失敗しにくいし、まずくならないのも良いところ。

親戚や友人との集まりの時などに昼食後デザート代わりにだしてあげれば盛り上がりそうですね。

クッキングトイ 流しそうめん

夏ならやっぱりそうめんが( ・∀・)イイ!!

コレ↑めちゃめちゃ楽しそう!!てっぺんのバケツに水が溜まったら傾いて水が流れる仕組みみたい。

スピードが早くなり過ぎないようにストッパーがついていたり、浮き輪やサメの尾ひれの形の氷が作れる製氷皿もついています。

氷を流すだけでもきっと子供は大喜び!ぶどうやスイカを繰り抜いたもの、きゅうりやトマトなどを流しても楽しそう

新商品で売り切れ中。しかも結構お値段がするんですよね・・・もう少し安い方が良いのならコチラも良い感じ。

ビッグストリームそうめんスライダーより華やかさは劣るけど、コチラも十分喜んでくれると思います。

クッキングトイ わたあめ

クッキングトイの元祖とも言えるわたあめ機。子供の頃欲しかったなぁ~。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D-STYLIST わたあめ屋さん KK-00211 ピーナッツクラブ【11月予約】
価格:4980円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

今のわたあめ製造機は飴でもザラメやグラニュー糖でも作れるみたい。色付きキャンディーならわたあめもカラフルに!

口コミは?
・心配していた後片付けが簡単だったのがとてもうれしいです。お湯で洗えばスルッと取れます。
・3歳の子供でも上手にクルクルとわたあめが作れました。
・ザラメが飛び散ることもなく、音も静かで使いやすかったです。
・子ども達が遊びに来るたびに出してきて作っています。
・すぐに飽きてしまうだろうと思って買いましたが、今でも週2は必ず綿菓子作りをして遊んでいます。

クッキングトイ ポップコーン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ポップコーンメーカー 簡単!手作りポップコーン
価格:4670円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

簡単でまず失敗しないでしょう。ポップコーンが弾けて出来上がる様子を見るのは楽しいですよね。

お塩だけでなく、キャラメルやチョコレートなどお好みのフレーバーであま~いポップコーンもおいしいです。

口コミは?
・娘がお友達を連れてきた時によくやってあげるのですが、盛り上がります
・作っている間中子ども達はみんなワクワク。オイルが使用できないのであっさりめです

見た目がスタイリッシュでおもちゃと言うよりキッチン家電ですが、こんなのも人気です

↓ ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポップコーンメーカー ポップコーンマシーン 【送料無料】
価格:2136円(税込、送料無料) (2017/9/29時点)

こちらのポップコーンメーカーだと出来上がったポップコーンが飛び散るしんぱいもありません。デザインもすっきりコンパクト

口コミは?
・使いやすく掃除も楽で子ども達も大喜びしています
・よくポップコーンをフライパンで作っていたのですが、焦げるのでコチラを購入しました。
・オイルを使わないのでヘルシーなポップコーンができます。

クッキングトイ アイスクリーム

夏はやっぱりアイスですよね。下準備がちょっと大変ですが、子供が喜びそう!

本格的なアイスクリームメーカーが良いのならこちら

 ↓ ↓ ↓

アイリスオーヤマが出しているものなので、お手頃価格でハズレはなさそう。見た目もカワイイです。

口コミは?
・コスパ最強!コンパクトなので家庭用に使いやすい。
・業務用ほどのクリーミーな物は作れませんが、「爽」みたいな感触のアイスが作れます
・スタバ風のフラペチーノがお家で作れます。

おわりに

子供の頃にすっごい憧れていたクッキングトイ。今は種類もたくさん出ていますね。案外家にあるもので事足りたり、所詮おもちゃということで扱いにくかったりすることもあるのですが、見た目カラフルでワクワクするのはおもちゃならでは

お値段もそこそこだし、ワンシーズン子供と一緒に童心に戻って楽しむのも良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする